オーストラリアの電子渡航認証ETAS(イータス)申請方法

ETAS申請はこちらから 出発の72時間前までにお願いします
Menu

オーストラリアの電子渡航認証ETAS(イータス)申請方法

オーストラリアの電子渡航認証ETAS(イータス)申請方法

オーストラリアの観光旅行にはETAS(イータス)申請が必要です

日本国籍の方が一般的な観光旅行を目的としてオーストラリアへ渡航する場合はETAS(イータス)の申請が必須となります。ETAS(イータス)は一度の渡航で90日以内のオーストラリア滞在が認められる渡航認証制度です。ETAS(イータス)を管轄するオーストラリア政府移民局では、少なくとも出発3日前までに申請を行うことを推奨しています。
ETAS(イータス)の申請はオンラインで行い、申請が承認された方は「渡航認証許可」の通知が届きます。ETAS(イータス)による渡航認証許可を取得していない方は旅客機への搭乗が拒否されますので渡航前に必ず申請をお願いします。このページではETAS(イータス)申請の手順について解説します。
なお、ETAS(イータス)に関する詳細は「オーストラリア観光ビザのETAS(イータス)とは」をご確認ください。

ETAS(イータス)申請に関する重要なお知らせ

オーストラリア政府および移民局では新型コロナウイルスの水際対策として、国外からの渡航者に対し入国禁止措置を行っています。同措置に伴い、オーストラリア政府はETAS(イータス)申請の新規受付を停止しています。 現在、「日本国籍の方のオーストラリア渡航」に記載の入国要件に該当する方に限り、期限が有効なETAS(イータス)やビザを利用したオーストラリア渡航が認められます。オーストラリアで施行中の入国制限や渡航に関する最新情報は「オーストラリアの新型コロナウイルスと入国制限 最新情報」をご確認ください。

ETAS(イータス)申請に必要なもの

ETAS(イータス)を申請する際は以下の2点をご用意ください。

  • 期限が有効なパスポート(ICチップ搭載)
  • クレジットカード(申請者ご本人名義でなくても構いません)

ETAS(イータス)の申請にはパスポートとクレジットカードが必要となります。パスポート情報はETAS(イータス)を申請するご本人の情報を入力してください。未成年の方がETAS(イータス)申請を行う場合も未成年者ご本人のパスポート情報を入力する必要があります。パスポートは期限が有効で、空港の端末で読み取り可能なICチップ搭載であることをご確認ください。
申請費用のお支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMERICAN EXPRESS)での決済となります。クレジットカードを所有していない場合は、ご本人名義以外のクレジットカードでの決済も可能です。

ETAS(イータス)申請の手順

01. 渡航目的を選択

ETAS(イータス)申請は全て英数字・ローマ字で入力する必要があります。
最初にオーストラリアへの訪問目的について、「観光」または「短期商用」のいずれかを選択してください。

02. 国籍を選択

現在の居住地(国籍)をチェックボックス内から選択し、次のSTEPに進みます。
原則として、パスポート記載の国籍を選択することが求められます。

03. 申請者情報を入力

氏名、性別、生年月日、出生国を入力します。
氏名はローマ字表記をアルファベット大文字で入力。パスポートと同一のスペルで入力してください。別名・別称がある方は「別名がある」を選択します。性別を選択し、生年月日を入力してください。出生国はチェックボックス内から選択をお願いします。

04. 犯罪歴の有無を選択

テロ等の犯罪行為や不法滞在の水際対策を目的とした犯罪歴に関する質問となります。
死亡事故を伴わない交通違反等の履歴がある方は「いいえ」を選択して構いません。重大な事件や過失による逮捕歴や犯罪歴がある方は「はい」を選択する必要があります。

重要

重大な犯罪歴があり「はい」を選択した方は、ETAS(イータス)による渡航が認められない場合があります。「渡航認証拒否」の通知が届いた場合は、大使館にて自身の目的に沿ったビザの取得をお勧めします。

05. パスポート情報を入力

パスポート情報は以下の入力が必須となります。

  • パスポート番号
  • パスポートの発効年月日
  • パスポートの有効期限日
  • パスポート発行官庁
  • 国籍
  • 過去および現在における他国籍の有無
  • 他国で取得したパスポートの有無

パスポート情報はETAS(イータス)申請の際に最も重要な項目です。入力後は年・月・日の項目などに間違いがないか十分な確認をお願いします。

重要

日本で発行されたパスポート番号はアルファベット2文字と数字7桁による9桁で構成されています。発行年月日と有効期限日の入力間違いにもご注意ください。

06. 現住所を入力

申請者の現住所を入力します。
住所は全てローマ字で入力する必要があります。日本語での入力は認められませんのでご注意ください。

例 : 東京都港区赤坂1丁目-1-1 ABCハイツ101号室の場合

都道府県 : 東京都→ TOKYO
市区町村 : 港区赤坂→ MINATO-KU AKASAKA
丁番地 : 1丁目1-1→ 1-1-1
建物名 : ABCハイツ→ ABC HEIGHTS
部屋番号 : 101号室→ 101

07. 電話番号を入力

電話番号を入力します。
電話番号は日中に連絡の取れる携帯電話または固定電話の番号を入力してください。

08. Eメールアドレスを入力

ご自身が普段使用するEメールアドレスを入力してください。
Eメールアドレスは「渡航認証可否メール」の受信などに使用しますので、スムーズな送受信が可能な連絡先を推奨します。

重要

G-mailなどのフリーメールや携帯端末のメールアドレスを利用する場合は、迷惑メールフォルダ等に振り分けられてしまう事や受信できない場合がありますのでご注意ください。

09. これまでの入力内容を確認

01. から 08. まで入力した情報が表示されます。内容に間違いがないか全ての項目をご確認ください。
特に氏名・パスポート情報・生年月日の項目は十分な確認をお願いします。
間違いが判明した場合は当該の内容を正しい情報に修正し、次のSTEPへ進みます。

10. 決済情報を入力

ETAS(イータス)申請費用の支払いはクレジットカード決済のみとなります。
クレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、Diners、AMERICAN EXPRESSに対応しています。カード番号・カード名義・有効期限・セキュリティコードを正確に入力してください。申請費用7,920円(税込)には、オーストラリア政府移民局のETAS(イータス)システム利用料を含みます。クレジットカードを所有していない方は、家族や知人名義のクレジットカードでもご利用いただけます。

11. ETAS(イータス)申請が完了

支払い完了を通知する画面へ遷移します。
以上でETAS(イータス)申請に関する入力手続きは完了となります。

12. 政府移民局にて申請内容を審査

全ての入力手続きが完了した後、オーストラリア政府移民局にてETAS(イータス)申請の審査が行われます。大半の場合は申請から24時間以内に審査結果が届きますが、システムメンテナスなどにより時間を要する場合があります。

13. 「渡航認証許可」の通知を確認

08. で入力したEメールアドレス宛にETAS(イータス)の「渡航認証可否通知」が届きます。オーストラリア渡航が承認された方は「渡航認証許可」と記載された通知が届きますので内容をご確認ください。
何らかの理由により「渡航認証拒否」の通知が届いた方は、ETAS(イータス)を利用して渡航することが認められません。オーストラリア大使館にて渡航目的に相応しいビザの取得をご検討ください。

重要

ETAS(イータス)は「渡航認証許可」を取得した日から1年間有効となります。失効となり再びオーストラリアへ渡航する際は、あらためてETAS(イータス)申請を行ってください。 オーストラリア政府は各国における新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、ETAS(イータス)申請の受付を一時停止し不要不急の渡航自粛を要請しています。渡航の際は滞在する地域で施行中の入州条件を事前に必ずご確認ください。
オーストラリア入国に関する最新情報は「オーストラリアの新型コロナウイルスと入国制限 最新情報」をご確認ください。

ローマ字での住所記入例

ETAS(イータス)申請はオーストラリア国内の移民局にて審査を行うため、入力項目は全て英語(ローマ字)での入力が必須となります。日本の住所を入力する際は、都道府県の表記を省略することができます。入力時は “ TOKYO ” や “ OSAKA ” のように入力してください。住所をローマ字表記した一例を紹介します。

北海道旭川市にお住まいの例
北海道旭川市6条通1丁目2-3 ABCコーポ101号室

都道府県 : 北海道→ HOKKAIDO
市区町村 : 旭川市6条通→ ASAHIKAWA-SHI ROKUJYOUDORI
丁番地 : 1丁目2-3→ 1-2-3
建物名 : ABCコーポ→ ABC CORP
部屋番号 : 101号室→ 101

神奈川県川崎市にお住まいの例
神奈川県川崎市川崎区駅前本町1-1 ABCビル101号室

都道府県 : 神奈川県→ KANAGAWA
市区町村 : 川崎市川崎区駅前本町→ KAWAKI-SHI KAWASAKI-KU EKIMAEHONCHOU
丁番地 : 1-1→ 1-1
建物名 : ABCビル→ ABC BUILDING (bldg.でも可)
部屋番号 : 101号室→ 101

大阪府大阪市にお住まいの方の例
大阪府大阪市北区中之島1丁目2-3 ABCマンション101号室

都道府県 : 大阪府→ OSAKA
市区町村 : 大阪市北区梅田→ OSAKA-SHI KITA-KU UMEDA
丁番地 : 1丁目2-3→ 1-2-3
建物名 : ABCマンション→ ABC MANSIONS
部屋番号 : 101号室→ 101

パスポートを身分証明書として使用する際は「所持人記入欄」に現住所を記入することを推奨しています。転居により住所に変更が生じた場合は旧住所に二重で罫線を引き、新住所を記入してください。

※2020年2月4日以降に日本国内で発行されたパスポートに「所持人記入欄」はありません。

ETAS(イータス)申請状況の確認

ETAS(イータス)申請完了後に届く「申請受付完了通知」には、申請ID(英数字33桁)の記載があります。申請状況を確認する際は、当該の申請IDを入力してください。
申請IDは申請状況の確認や情報照会を行う際に必要となります。ETAS(イータス)の「渡航認証可否」の通知が届くまで保存することを推奨します。

更新日 : 2021/10/06