【1月13日更新】日本政府が中国からの渡航者を対象に水際対策を強化 1月12日より対象をマカオまで拡大

Menu

【1月13日更新】日本政府が中国からの渡航者を対象に水際対策を強化 1月12日より対象をマカオまで拡大

  • 入国制限
  • 新型コロナウイルス
  • 渡航情報
  • 規制強化

更新日 : 配信日 :

【オーストラリア国内の新型コロナウイルス最新情報はこちら】

中国における新型コロナウイルス感染急拡大を鑑みて、日本政府は日本時間2022年12月30日より同国から訪れる渡航者を対象に水際対策を強化しました。中国に対する追加の検疫措置はアメリカ、カナダ、インドでも施行され、オーストラリアも2023年1月5日より出国前48時間以内の新型コロナウイルス陰性証明書の提示を義務付けています。
日本入国時に求められる検疫強化措置の概要は下記の通りです。

過去7日間に中国(香港とマカオを除く)で滞在歴があり、中国またはマカオから直行便で入国・帰国する方

  • 日本到着の6時間前までに下記を“Visit Japan Web”へ登録
    • 出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルス検査による陰性証明書
  • 搭乗時に陰性証明書または“Visit Japan Web”登録後に送信される二次元コードを提示
  • 入国時の新型コロナウイルス検査

過去7日間に中国(香港とマカオを除く)で滞在歴があり、中国またはマカオから直行便以外で入国・帰国する方

  • 日本到着の6時間前までに下記いずれかを“Visit Japan Web”へ登録
    • 3回の接種完了を示すワクチン接種証明書
    • 出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルス検査による陰性証明書
  • 搭乗時に上記いずれかの証明書または“Visit Japan Web”登録後に送信される二次元コードを提示
  • 入国時の新型コロナウイルス検査

過去7日間に中国(香港とマカオを除く)に滞在せず、マカオから直行便で入国・帰国する方

  • 日本到着の6時間前までに下記を“Visit Japan Web”へ登録
    • 出国前72時間以内に実施した新型コロナウイルス検査による陰性証明書
  • 搭乗時に陰性証明書または“Visit Japan Web”登録後に送信される二次元コードを提示
  • 入国時の新型コロナウイルス検査

なお、下記の方は通常の検疫措置が適用されます。

  • 過去7日間の滞在歴が香港のみの方
  • 過去7日間の滞在歴がマカオのみで、直行便以外で入国・帰国する方

“Visit Japan Web”とは

検疫・入国審査・税関申告を行うウェブサービスで、「質問票」「新型コロナウイルス陰性証明書またはワクチン接種証明書」を事前登録することで空港における手続きの簡素化が可能です。政府は空港での迅速な入国手続きのため、日本へ入国・帰国する全ての渡航者へVisit Japan Webの登録を推奨しています。

”Visit Japan Web”へワクチン接種証明書を登録済みの方を含め、当該国から直行便で入国・帰国する際は陰性証明書の登録と提示が必要です。有効な証明書の提示ができない方は搭乗が認められません。
詳しくは厚生労働省「令和5年1月12日以降、中国から入国される方へ」をご確認ください。