ゴールドコーストでおすすめの人気観光スポット20選

ETAS申請はこちらから 出発の72時間前までにお願いします
Menu

ゴールドコーストでおすすめの人気観光スポット20選

ゴールドコーストの人気観光スポット20選

ゴールドコーストはオーストラリア東部に位置する都市で、住みやすさと多彩な観光スポットを持つことで知られます。日本人の居住者も多く、留学やワーキングホリデーを利用してゴールドコーストに訪れそのまま移住する人も少なくありません。日本だけでなく世界中の人々が訪れるため、国際色豊かな文化に触れることができる点も魅力のひとつです。今回はクイーンズランド州を代表する都市ゴールドコーストの魅力溢れるおすすめの観光スポット20カ所を厳選して紹介します。

オーストラリアを代表する観光地“ゴールドコースト”とは

オーストラリアの東南部“クイーンズランド州”に位置し雄大な自然に囲まれた風光明媚な都市“ゴールドコースト”は、観光資源が豊富なオーストラリアの中でも最大クラスの観光地となります。美しいビーチが広がる数々のリゾート地はサーファーや海水浴を目当てに観光客が集まるスポットとして世界的に有名です。日本人が選ぶ留学先としても人気があり、アジアをはじめ世界中から留学やワーキングホリデーを目的として若者が集まります。
ゴールドコーストの気候は亜熱帯性気候で、年間を通して非常に雨が少なく温暖な地域として知られます。一年を通して晴天が多いため太陽の光が強く、サングラスや日焼け止めなどの紫外線対策が欠かせません。
公共交通機関を利用する際は無料で利用できる路面電車“トラム”が便利です。トラムはサーファーズパラダイスを中心にゴールドコーストの主要観光地を繋いでいます。日本の交通システムと大きな違いが無くオーストラリア旅行が初めての方でも簡単に利用できるため、観光地へ向かう際は乗車してみてはいかがでしょうか。

ゴールドコーストの治安

世界有数のリゾート地ゴールドコーストは、サーファーズパラダイス・ビーチを中心にホテルやショッピングエリアが集中しています。 女性グループや小さな子ども連れの家族も安心して観光ができる比較的治安が良い都市ですが、ゴールドコースト含むクイーンズランド州は国内で2番目に犯罪発生率が高い州です。
2021年”犯罪統計資料”によると、窃盗発生率は日本の22倍、強盗は41倍に上ります。観光客や留学生を狙った置き引きやスリ等の犯罪が多く報告されており、サーファー同士の事故やトラブルも少なくありません。外出する際は貴重品や手荷物から目を離さないようにしましょう。また、観光バスやレンタカーを狙った車上荒らしにも注意が必要です。現金は最小限に抑えホテルのセーフティボックスを利用することをお勧めします。
ゴールドコーストに限らず海外旅行の際は万が一の事故やトラブルに備え、“オーストラリア国内の緊急連絡先”を事前に確認しておきましょう。

ゴールドコーストの空港

日本からゴールドコーストへの渡航は、ゴールドコースト空港ブリスベン空港の利用が便利です。どちらも成田国際空港からの直行便があり、約9時間のフライトで到着します。
“ゴールドコースト空港”は、国内・国際線ともに多くの航空機が発着します。空港からゴールドコーストの市街地までは約25kmと近い距離にあり、シャトルバスで約30分、エアトレイン(Air Train)トランスリンク(Trans Link)を乗り継いで向かう場合は約45分で到着します。“ブリスベン空港”からゴールドコースト中心地までの距離は約100kmで、シャトルバスを利用した際は約1時間30分、バスやトラムでの移動は約2時間です。

ゴールドコーストの人気観光スポット20選

ゴールドコーストの人気観光スポット20選

サーファーズパラダイス・ビーチ / Surfers Paradise Beach

オーストラリアの中でも有数のサーフィンスポットとして知られる”サーファーズパラダイス・ビーチ”。”黄金海岸”と呼ばれるほど波の状態が一年を通して良く、サーファーにとってはまさにパラダイスと言える環境です。ビーチは遊泳エリアとサーフエリアに分けられライフセーバーも常駐しているため、小さな子ども連れでも安心して楽しめます。57km続く砂浜でマリンレジャーを楽しんだ後は、毎週水・金・日曜日の夕方4時~夜9時に開催される”ビーチフロント・マーケット”の散策はいかがでしょう。お店が100軒ほど連なるマーケットでは地元グルメやアクセサリーなどの雑貨、アート作品が販売され、ミニコンサートも開催されています。

住所:Surfers Paradise Beach, Surfers Paradise, QLD 4217
アクセス:トラム“サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)”駅下車
公式サイト:Surfers Paradise Beach
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

シーワールド / Sea World

ゴールドコースト3大テーマパークに挙げられる“シーワールド”は海の生物と触れ合えるテーマパークです。名物のイルカショーでは豪快なジャンプや、スタッフを乗せたままの曲乗りなどアクロバティックなショーが観賞できます。追加料金を払うとイルカやサメと一緒に泳いだり、餌やりができる体験プログラムに参加できます。
絶叫マシーン好きな方はアトラクションエリアで“コークスクリューコースター”、“ウォーターコースター”、“パイレーツシップ”などに乗るのはいかがでしょう。
広い園内には移動に便利なモノレールが走っており、園内中央で開催される水上スキーショーや空からシーワールドを見渡せるヘリコプターでの遊覧飛行も見逃せません。 “シーワールド”、 “ムービーワールド”、 “パラダイスカントリー牧場”など各テーマパークとのお得な共通チケットも販売されています。

住所:Seaworld Dr, Main Beach QLD 4217
アクセス:サーファーズパラダイス市内中心部から車で約15分
公式サイト:Sea World

ムービーワールド / Movie World

シーワールド”、“ドリームワールド”と並ぶゴールドコースト3大テーマパークの一つ”ムービーワールド”は映画の名場面を再現した町並みや、実際に使用される撮影所が併設された映画好きにはたまらないテーマパークです。
ムービーワールドの目玉は多彩な絶叫マシーンのラインナップで、5Gの重力が体験できる“フリーフォール・バットマンスペースショット”や2秒で時速100kmに達する秒速コースター“スーパーマンエスケープ”、時速85kmの速さで走る“リーサルウェポン”、中でも人気が高いのは2017年にオープンした“ハイパーコースター”です。1.4kmの運航距離を最速115kmで駆け抜けるジェットコースターで最高到達点は61.6mとなり、スリルとダイナミックな体験ができるアトラクションとして人気が沸騰しています。
絶叫マシーンが苦手な方は笑いや驚きが満載のカースタントアクションショーはいかがでしょう。また、園内では人気キャラクターのバットマンをはじめスーパーマン、ルーニーチューンとのキャラクターグリーティングも楽しめます。

住所:Pacific Mwy, Oxenford QLD 4210
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約30分
公式サイト:Warner Bros. Movie World

ドリームワールド&ホワイトウォーターワールド / Dreamworld and Whitewater-world

オーストラリアで絶叫マシーンが多いと名高い“ドリームワールド”はマニアの間で必ず名前が挙がる一度は行きたいテーマパークのひとつです。豊富な絶叫マシーンの中で特におすすめが“ザ・クロウ”です。空中に浮いたメリーゴーランドが振り子のように揺れて落下するフリーフォール体験ができます。
他にもたくさんの絶叫マシーンが揃っており、1日中刺激に満ちた体験ができるでしょう。メリーゴーランドなど小さな子どもが楽しめる乗り物やオーストラリアの動物と触れ合えるコーナーもあり、家族で楽しむことができます。
“ドリームワールド”に隣接し数々のウォータースライドが楽しめるプール施設“ホワイトウォーターワールド”では、全長100mのスライドなど様々なタイプのウォータースライドでスリルとスピードを体験できます。“ドリームワールド”と“ホワイトウォーターワールド”は園内にある連絡通路で繋がっているため、絶叫マシーンとプールどちらも楽しめます。

住所:Dreamworld Pkwy, Coomera QLD 4209
アクセス:鉄道“クーメラ(Coomera)”駅から“サーフサイドバス(Surfside Busline)で10分”ドリームワールド(Dreamworld)”駅下車
公式サイト:Dreamworld
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

パラダイスカントリー牧場 / Paradise Country

パラダイスカントリー牧場”は、オーストラリアらしい広大な土地で牛や羊がのんびりとくつろぐ姿を見ることができる牧場型テーマパークです。園内では約3時間の様々なアクティビティやショーが1日3回開催され、ムチ鳴らしやブーメラン投げ、牧羊犬の羊追い、羊の毛刈りショーや牛の乳搾りなどが楽しめます。園内にはオーストラリアならではの動物が勢揃いし、特に人気の高いコアラとは抱っこでの写真撮影や、ユーカリの餌やりをしたり直接触れ合うことができます。牧場内にはハンバーガーやステーキが名物のファームハウスレストランがあり、オージービーフが食べ放題のビュッフェも人気です。

住所:Production Dr, Oxenford QLD 4210
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で20分
公式サイト:Paradise Country

ウェットアンドワイルド / Wet’n Wild

ウェットアンドワイルド”はウォータースライダーや波の出るプールが楽しめるウォーターパークです。特に人気のアトラクション”トルネードスライダー”は、水の流れる滑り台というだけではなく渦巻きの中へ飛び込んでいくかのようなスリリングな体験ができます。他にも全長が86mある”スーパー8”や名前の通り暗闇を走り抜けるような”ブラックホール”など個性的なウォータースライダーが楽しめます。
子ども用のウォータースライダーやプールもあるため家族で楽しめ、園内のショップではハンバーガーやピザと一緒に、ドリンクが飲み放題になるキャラクターボトルも販売しています。
夏の時期は混み合うため比較的空いている早朝からの入園がおすすめです。

住所:Pacific Mwy, Oxenford QLD 4210
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で20分
公式サイト:Wet’n’ Wild
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

スカイポイント展望台 / Sky Point Observation Deck

ゴールドコーストで一番の高さを誇る”Q1リゾート&スパ”に併設された”スカイポイント展望台”は、2005年のオープン当時に世界一高い住居ビルとして名を馳せました。ビルの高さは323m、展望台は地上約270mに位置します。360度ガラス張りのため近隣のサーファーズパラダイスや、北はブリスベン、南はバイロンベイまで全方向の絶景が楽しめます。地上77階の展望台までは高速エレベーターに乗って43秒で到着し、景色を眺めながらアルコールや食事を楽しめる”スカイバー”はデートスポットにもおすすめです。ビルの外にある階段を徒歩で登るスリル満点のツアーもあります。

住所:Level 77, q1 building/9 Hamilton Ave, Surfers Paradise QLD 4217
アクセス:トラム “サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)”駅より徒歩1分
公式サイト:Sky Point Observation Decky

アドレナリン・パーク / Adrenalin Park

地元では知らない人がいないほど有名な遊園地”アドレナリン・パーク”は、”逆バンジーサイト”とも呼ばれます。通常のバンジージャンプは高所から飛び降りますが、アドレナリン・パークの”スリングショット”では時速160kmもの速さで80mの高さまで一気に打ち上げられ、そのまま地面すれすれまで落下します。6Gもの重力で打ち上がった後のフリーフォールというスリル満点な体験が売りです。 わずか1.3秒で時速130kmに達する空中ブランコ型絶叫マシーン”フライコースター”や、高さ45mで縦回転する時速120kmのコースター”ボマトロン”など、スリリングな体験ができるアクティビティが揃います。子どもにはミニパットゴルフやバンジートランポリン、絶叫マシンシュミレーターなどがおすすめです。

住所:6 Palm Ave, Surfers Paradise QLD 4217
アクセス:トラム“サイプレスアヴェニュー(Cypress Avenue)“駅より徒歩1分
公式サイト:Adrenalin Park
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

スプリングブルック国立公園 / Springbrook National Park

スプリングブルック国立公園”はゴールドコーストの内陸部にある広大な自然公園で、1994年に「オーストラリアのゴンドワナ多雨林群」として世界自然遺産に登録されました。標高946mの園内はオーストラリアでも有数の植物の宝庫で、着生シダ類を主体とした亜熱帯雨林とユーカリの森で構成されます。公園は“スプリングブルック地区”、”ナチュラルブリッジ地区“、”マウントクーガル地区”の3つに分けられ、“スプリングブルック地区”には園全体を見渡せるキャニオン展望台やベスト・オブ・オール展望台といった絶景ポイントの他に滝と水のポイントが連なります。土ボタルが生息する洞窟で有名な“ナチュラルブリッジ地区”は、洞窟の天井部分に無数の土ボタルが天の川のように青く光り、ポッサムやパディメロンなど有袋類や古代の植物が多く育成しているのも見どころです。“マウントクーガル地区”はカランビンバレー上流にあり、熱帯雨林の森を散策できるトレッキングコースがあります。

住所:Old School Rd, Springbrook QLD 4213
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約1時間
公式サイト:Springbrook National Park
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

ラミントン国立公園 / Lamington National Park

ユネスコ世界自然遺産”ゴンドワナ多雨林群”のひとつである“ラミントン国立公園”は、ゴールドコーストを代表するグリーンマウンテンの山頂、標高1,185m付近に位置します。約2,200万年前から繰り返された火山活動で流れ出た溶岩により、南半球最大級のカルデラが形成されました。公園内の森は、シダ類を含む豊富な亜熱帯雨林や南極ブナを含む冷帯雨林、ユーカリ林などで形成され、多種多様な植物が見られることでも知られます。園内にはラグジュアリーホテル”オライリーズ・レインフォレスト・リトリート&スパ”があり、山の中とは思えない歴史のある重厚なインテリアで彩られた室内で最上級のサービスが受けられ、鮮やかな虹色の羽が美しい鳥“レインボーロリキート”に餌やりができます。
ビナバラ・コース“や”ツリートップウォーク・コース”はサーファーズパラダイスを見下ろす山麓にあり、ふもとの田園や遠くの高層ビル群まで一望できます。

住所:3582 Lamington National Park Rd, Canungra QLD 4275
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約2時間
公式サイト:Lamington National Park
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー / Currumbin Wildlife Sanctuary

サーファーズパラダイスの南ゴールドコースト(クーランガッタ)空港近くにある”カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー”は野生動物のための動物病院や保護施設を備えた動物園です。
ぜひ体験しておきたいのは、午前8時と午後4時に行われる野生の七色インコ“レインボーロリキート”の餌付けです。スタッフがエサ入りのお皿を空にかかげると数えきれないほどのインコが一斉に肩・腕・頭上に押し寄せ、美しいインコ達が一心不乱に餌をついばむ姿は壮観です。他にもカンガルーやワニの餌やり体験、オーストラリアでは定番のコアラを抱いた写真撮影も人気があります。
園内を20分間隔でミニチュア列車が走っており、子ども連れの家族も楽しめるでしょう。また、フリーフライトバードショーやアボリジニダンスショーなどが開催され、ガイドツアー”ビハインド・ザ・シーン”では飼育員から仕事や動物に関する話しを聞くことができます。

住所:28 Tomewin St, Currumbin QLD 4223
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約25分
公式サイト:Currumbin Wildlife Sanctuary
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

タンボリン・マウンテン / Tamborine Mountain

タンボリン・マウンテン”はサーファーズパラダイスから北西へ約30kmの地点にあり、海岸が眼下に広がる丘陵地帯です。イーグルハイツ、ノースタンボリン、マウントタンボリンの3つの地区で構成されます。“イーグルハイツ”は街の中心にギャラリーウォークと呼ばれる長さ500mのメインストリートがあり、絵画をはじめ、写真・工芸品・ハンドメイド小物が並ぶクラフトショップや、カフェ、レストランなど大小さまざまなお店が並びます。
ブドウ畑が広がる“ノースタンボリン”の美しい田園地帯では、樽出しワインと美味しいチーズが販売されワイン好きにはたまらないスポットです。 “マウントタンボリン”は広大な丘陵地で、観光客やピクニックを楽しむ地元の人々で賑わいます。週末には無数のパラグライダーが飛行し、マウントタンボリン内の“ロータリー展望台”からは丘陵地一帯を望むことができます。展望台までは車で行けるため、ドライブを兼ねて訪れるのにも最適です。

住所:Tamborine Mountain, QLD 4272
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約1時間
公式サイト:Tamborine Mountain

ポイント・デンジャー / Point Danger

ニューサウスウェールズ州と州境を接する海岸沿いには、ビーチウエディングで人気の“ポイント・デンジャー”があります。オーストラリアでも有数の絶景スポットで、昔から多くの船が座礁した難所として知られています。オーストラリア東海岸へ初到達したキャプテン・クックの手記にも記され、クックの最初の航海から200周年の1971年には記念として灯台が建てられました。高台にある展望スポットからはサーファーズパラダイス全体が一望でき、6月~10月には出産のために南極近海から北上するザトウクジラが見られるかもしれません。
また、クイーンズランド州ニューサウスウェールズ州ではサマータイム期間中は1時間の時差があるため、州境の線をまたぐことで右足と左足で時差が生まれる体験ができます。新年の年明けカウントダウンの際は、州境を越えることで新年を2回楽しめる珍しい場所で過ごしてみてはいかがでしょうか。記念灯台や展望台の周りには遊歩道やバーベキューエリアがあり、きれいな海を眺めながら散策や食事も楽しめます。

住所:Marine Parade, Coolangatta QLD 4225
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約40分
公式サイト:Point Danger
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

カビル・アベニュー / Cavill Avenue

サーファーズパラダイスの中心に位置する”カビル・アベニュー”には、カビルストリート・モールと呼ばれる歩行者天国があり、レストランやバー、ナイトクラブ、サーフショップや土産物店が並びます。
飲食店は世界中に展開するマクドナルドをはじめ、オーストラリアでメジャーなファーストフード店ハングリージャックス・オポルト、グリルド、グスマン・イ・ゴメスなどが出店し、地元の市民も多く訪れます。歩行者天国の入口にはインフォメーションセンターがあるため初めて訪れる観光客も安心です。サーファーズパラダイスのアイコニック“サーファーズパラダイス・アーチ”がカビル・アベニューの突き当たりに出迎え、フォトジェニックな写真が撮れると人気の撮影スポットです。隣接する“パラダイス・センター(旧セントロ・サーファーズパラダイス)”にはスーパーマーケットやサーフショップ、カフェ、ゲームセンターなどがあり、オーストラリアの雰囲気を楽しみながら買い物ができます。

住所:Cavill Avenue, Surfers Paradise, QLD 4217
アクセス:トラム“カビル・アベニュー(Cavill Avenue)”駅下車
公式サイト:Cavill Avenue

THE 4217

サーファーズパラダイスのほぼ中心に位置する”THE 4217”は、様々な飲食店やブティック、ヘアメイクサロンなどが集まる地元の若者たちに人気のスポットです。かつては長距離バスターミナル“サーファーズパラダイス・トランジット・センター”として知られていましたが、2015年に改装され、アートとホスピタリティが融合した施設へ生まれ変わりました。中でもおすすめのレストランは“パラドックス・コーヒー・ロースターズ(Paradox Coffee Roasters)”です。ここの朝食は地元新聞社が選ぶ朝食レストラントップ10に選出されました。店内で焙煎するコーヒーは香り高く、フォトジェニックな朝食のパンケーキは多くの写真がSNSにアップされています。今でも長距離バスターミナルとして利用されているためバックパッカーも多く見られ、「人気スポット」と「長距離バスターミナル」という2つの顔を持つ場所として地元の若者と旅人の交流地点となっています。

住所:10 Beach Rd, Surfers Paradise QLD 4217
アクセス:トラム“カビル・アベニュー(Cavill Avenue)”駅より徒歩4分
公式サイト:THE 4217
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

サウスポート / Southport

サーファーズパラダイスの北に位置する”サウスポート”は、警察署や移民局、裁判所などの公的機関が集まるオフィス街です。2013年に再開発され、地上40階建ての高層複合ビル“サウスポート・セントラル”や衣食住の全てが揃う“オーストラリアンフェア・ショッピングセンター”など、最先端のショッピングエリアとして人気が高まりました。交通の便も良く、トラムを利用すればサーファーズパラダイスやブロードビーチへ簡単にアクセスでき、ハーバー・タウンやホープ・アイランドなど郊外のショッピング・モールへも気軽に行くことができます。
海外での入手が困難な日本の商品もあり、直接値段の交渉や相談ができたり日本語によるサービスも充実しています。サウスポートは日本人に優しい街とも言えるでしょう。

住所:Southport, QLD 4215
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約10分
公式サイト:Southport
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

カランビン・ビーチ / Currumbin Beach

カランビン・ビーチ”は、サーファーズパラダイスから車で約30分、ゴールドコースト・クーランガッタ空港からは車で約5分、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーからは徒歩で約10分の位置にあります。空港が近いため周辺に高層の建物がなくのどかでゆったりとした雰囲気が漂い、隠れた穴場的ビーチとして知る人ぞ知るスポットです。サンゴ礁の海や点在する小島の岸壁など鮮やかな写真が撮れることでも知られています。
サーフスポットとしても有名でサーファーが多く訪れるため、ビーチに沿って遊歩道とボードウォークが整備され、遊歩道では健康のためにランニングやウォーキングをしている市民の姿も見られます。上から見ると象に見える有名な岩”エレファント・ロック” は階段で登ることができ、晴天の日には高層ビル群を一望できます。

住所:Currumbin Beach, QLD 4223
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約30分
公式サイト:Currumbin Beach
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

スナッパーロックス / Snapper Rocks

世界のサーファーにとってあこがれの場所と言えるのが“スナッパーロックス”です。世界的なサーフィン大会の開催地として知られ、2019年まではワールドツアーの初戦会場でした。世界中からプロクラスのサーファーが集まってくるため、サーフィン初心者には少しハードルが高い場所かもしれません。
南半球の夏に当たる12月頃から高い波が入るようになり、ゴールドコーストはサーフシーズンに突入します。世界中からサーファーが集まり常に混雑するため訪れる際は人の少ない早朝がおすすめです。波の良し悪しは天候にもよりますが、“スナッパーロックス”はシーズンを通してコンディションのいい波が期待できます。サーフィンの腕に自信がある方は是非訪れてみてはいかがでしょうか。高波を鮮やかに滑るサーファー達を眺めるだけでも楽しめるスポットです。

住所:Snapper Rocks Rd, Coolangatta QLD 4225
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約1時間
公式サイト:Snapper Rocks

タルバジェラ川 / Tallebudgera Creek

タルバジェラ川”はゴールドコーストの南西に広がるスプリングブルック国立公園近隣の山地を源流に、パシフィックモーターウェイとゴールドコーストハイウェイを横切り太平洋へと注がれます。浅瀬と穏やかな流れが特徴で、カヤックや釣りを楽しむ市民が多く見られ時間がゆっくりと流れています。ピクニックをする人も多く、近隣にはキャンプ場も整備されています。人気のキャンプ場はリピーターも多く、中には何世代にもわたって訪れる思い出の場所として大切にしている市民も少なくありません。
川沿いにはSUP(サップ)やカヤックのレンタルショップが点在し水着も借りられるため、ゆったりとした川の流れを眺めながらこれらのアクティビティにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

住所:1544 Gold Coast Hwy Palm Beach QLD 4221
アクセス:ゴールドコースト空港(Gold Coast Airport)から車で約10分
公式サイト:Tallebudgera Creek
ゴールドコーストの人気観光スポット20選

パーリングブルック滝 / Purling Brook Falls

スプリングブルック国立公園の中央部に位置する“パーリングブルック滝”は、サーファーズパラダイスの南西にあります。展望台から滝を間近に見ることができ、雨の後には増えた水量による迫力ある流れに圧倒されること間違いなしです。
ただし、地滑りなどで岩が崩落する危険性があるため足元には充分注意が必要です。遊歩道には崩落に備えバリケードが設置されていますが、雨上がりに訪れる際は歩きやすい靴と服装で行くといいでしょう。
100〜106mの高さから落ちる滝は非常に見応えがあり、駐車場から徒歩数分の場所にあるため子ども連れの家族や年配の夫婦にも訪れやすく、滝の頂上部分は平らな地形となっているので周辺の散策も楽しめます。体力に自信がある方は、滝の下に架かる吊り橋まで足を延ばすのもおすすめです。

住所:Forestry Rd, Springbrook QLD 4213
アクセス:サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)中心部から車で約1時間
公式サイト:Purling Brook Falls

色々なゴールドコーストを楽しもう

ゴールドコーストの中でもおすすめの観光地20カ所を厳選して紹介しました。海水浴やサーフィンを楽しめるビーチから国立公園の森や滝、プールや絶叫マシーン、牧場型テーマパークと多彩なスポットが目白押しです。広大でフォトジェニックな自然や絶景はもちろん、ショッピング、美味しいレストランやカフェなど都心部も充実しています。自分だけのお気に入りの場所を見つけるのも楽しみ方の一つでしょう。気候も一年を通して穏やかで、訪れる度に違う表情を見せてくれるゴールドコーストの魅力をぜひ体験してください。

オーストラリア渡航にはETAS(イータス)の申請が必要です

ゴールドコーストへの観光や出張などを目的とするオーストラリア渡航の際は、ETAS(イータス)の申請が必要です。ETAS(イータス)を管轄するオーストラリア政府移民局では、渡航が決定した段階での申請を推奨しています。申請後は当局による審査が行われ当日または翌日には審査結果が届きますが、審査に時間を要する場合もあるため渡航3日前までにはETAS(イータス)申請を済ませましょう。ETAS(イータス)の有効期限は1年間です。ただし、パスポートの有効期限が1年未満の方は有効期限日を過ぎるとETAS(イータス)も失効するため、パスポートの更新を済ませた後に申請することを推奨します。
ETAS(イータス)に関する詳しい情報と申請方法は”オーストラリア観光ビザのETAS(イータス)とは”をご確認ください。

更新日 : 2022/07/07